しおざわ治療院

しおざわ治療院(シオハリ)は、川崎市麻生区(新百合ヶ丘)・多摩区(生田)を中心とした出張専門のはり灸経絡指圧治療院です。

TEL.090-4820-1189

ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

一気に真冬へ

 

ブログ 「一気に真冬へ」 を更新しました。

 

こんばんは。しおざわ治療院 治鍼堂の塩澤です。

先週までは暖かい日が続いていましたが、急に寒くなりました。

その影響か、背中から腰と首が硬くなる方が増えています。

身体が寒さに慣れるまで、冷やさないように気を付けましょう。

施術室と待合室にそれぞれ時計を掛けているのですが、待合室の時計がズレるようになってしまいました。

電池を変えてもやはりズレてしまいます。

しょうがないので、中学生時代(小学生時代?)に作った時計に電池を入れてみたら動いたので使っています。

でも、見難いんですよね~。

ちなみに木の板に彫刻刀で始祖鳥を彫ったものです。

電波時計買おうかな?

年末年始のお知らせ

 

ブログ 「年末年始のお知らせ」 を更新しました。

 

こんにちは。しおざわ治療院 治鍼堂の塩澤です。

早くも12月になってしまいました。

11月は微妙な気温で、寒くなったかと思ったら、暖かくなってしまいました。

ですので、寒さ対策(仕事中は半袖ですので)で今年もハクキンカイロを出したのですが、なかなか使う日が少ないです。

さて、年末年始の予定ですが、12月は29日(土)まで、1月は4日(金)からの営業となります。

年末は予約が取れにくくなりますので、お早めにご予約下さい。

カンブリア宮殿を観て

 

ブログ 「カンブリア宮殿を観て」 を更新しました。

 

こんばんは。しおざわ治療院 治鍼堂の塩澤です。

本日のカンブリア宮殿を観て思ったのですが、接客業なのに言葉遣いが馴れ馴れしかったり、不精髭を生やしている人がとても多くなった気がします。

最近の流行りなのかもしれませんが、私は不衛生に感じるのであまり好きではありません。

それと、飲食店なのに指輪をしたまま調理しているのを見るとそこの店では二度と食べたいとは思わないです。

本日のカンブリア宮殿は日本交通(タクシー)で、シャツの腕まくりをしないとか、襟を外に出さないとか接客業としては当たり前のこと徹底していました。

しかし、この当たり前が当たり前ではなくなってきているのを感じます。

皆さんは身だしなみや言葉遣いが良くない人に接客されたいですか?

私はキチンとした方に接客してもらいたいです。

ですので、自分も身だしなみや体臭を気を付けています。

髪の毛はバリカンで自分で刈ってますし、もともと汗臭い体質ですので、臭いの強い物は食べないようにしています。

本当はニンニクやニラなど大好きで食べたいのですが・・・。

患者様とかなり接近しますので我慢しています。

これからも気を付けていきますが、もし気になるようでしたら教えてください。

自分では気付けないものですので。


自然気胸

 

ブログ 「自然気胸」 を更新しました。

 

こんばんは。しおざわ治療院 治鍼堂の塩澤です。

3週間前の話になるのですが、覚えておいてもらえたらいいな。と、思い、ブログとして書いておきます。

鍼灸師が「気胸」なんて書くと、「深刺ししたんじゃないの?」と思われる方もいるかと思います。

ですが、今回の気胸は私自身のお話なんです。

ここ暫らく忙しく、なかなか休める日が無かったからか体調を崩してしまいました。

崩したと言っても酷い状態ではなく、「なんか調子が良くないな~。」と、いう感じでした。

そんな中でも毎週月曜日に近所の市民プールへ水泳を習いに行っているのですが、その日は朝から左背中が痛かったんです。


(水泳教室の後、プール施設の中にあるレストランでランチです。)


(ピール施設前のリニアモーターカーの縦穴施設の工事現場です。)

何となく気になりながらも歩いてプールへ行き、スクールが始まる前に少し泳ぎ始めたらやはり痛い!

息を止めて蹴伸びをする時が一番痛い!

思いっきり息を吸うと、少し楽になる・・・。

これはもしや!

はい。気胸でした。

ゆっくりと深い呼吸を心がけると痛みはなくなります。

この日は、ゆっくりと大きな呼吸が出来るように無理に泳ぐのはやめておきました。

そのおかげで次の日には痛みはなくなりました。

このように、体調が悪いと自然気胸が起きることがあります。

気胸といっても肺の一部分だけですので、背中の痛みとして感じることが多いです。

そんな時は、ゆっくりと大きな呼吸を心がけてください。

肺を膨らませるように大きく吸い込み、ゆっくりと少しずづ息を吐いていくのです。

急激な呼吸は気胸を酷くしてしまいますので禁物です。

気胸になることは少ないと思いますが、何かありましたら呼吸方法を思い出してください。


ツボへの刺激

 

ブログ 「ツボへの刺激」 を更新しました。

 

こんにちは。しおざわ治療院 治鍼堂の塩澤です。

9月にNHKで放送された「東洋医学ホントのチカラ」で、ツボに刺激を与えるときは両方に!と言ってました。

しかし、私の考え方は違います。

身体の調子が崩れるのは、経絡の左右の流れのバランスが崩れることにより起こります。

経絡が詰まったり外へ流れ出てしまう為に崩れてしまうので、悪い方だけに刺激を与えることにより流れを良くしたり、穴を塞いだりしてバランスを取ります。

ですので、私が行うツボへの刺激は片側だけとなります。

東洋医学は考え方により施術の方法が変わることがあります。

そこが今の西洋医学が東洋医学を認めにくいところだと思ってますが、だからこそ西洋医学で良くならないものが東洋医学で良くなることがあるのだと思ってます。

しかし、圧倒的に西洋医学の方が身体を良くするので、まずは西洋医学的な検査をして、それで納得がいかない場合東洋医学へ行ってみるというのがいいと考えています。

本来は東西両方が一緒に行うのがいいと思うのですが、現状はなかなか難しいですので。